海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
陶風鈴つるす自作の句短冊

風通す遺墨の香り半夏生

方寸も余す事なく蔦茂る

顔中を口にしている燕の子

抗ひつ青虫蟻に引かれ行く

気散じは舟型花器に鳴子蘭

風向きで時おりのぞく花胡瓜

紫陽花の中より電車現わるる

半夏生うわさ話に尾鰭つく

夏みかん皮をむきつつつばをのむ

短夜や目覚時計三度鳴る

セントレア出ずれば街は薄暑なり

雨水を花芯に溜めて花菖蒲

殉教の歴史を語る五月雨

少年の視線真っ直ぐ立葵

団扇もつ見知らぬ人より団扇風

宍道湖は曇りて遠く蜆舟

境内に力士のぼりや雲の峰

老ゆるとは軽くなること柚子の花

値上がりで家計直撃暑さ増す

水したたる崖一面の鴨足の草 

雨やんで赤い鳥居に白紫陽花

縁ある名を皆持てり花菖蒲

洛北の紫陽花寺に人の列

水田に勇姿映して夏燕

物干しは鳩の止まり木梅雨最中

朝露に光を放ち百合の群れ

輪切りにし耳までぬらし西瓜食ぶ

百合活けて今宵部屋内よくにほふ

紫陽花の大株となり位置占める

諏訪神社あたり蛍の二つ三つ

西瓜採り池で冷やして野良で食べ

衣替え体の線が気にかかる

短冊に願いを込めて笹かざり

五月雨の雫に濡れて友送る

青空や飛行機雲が天をつく

ゆかた着て真紅のダリヤ手折りおり

吉田ひろし

片岡 光子

青山 文代

谷川と志江

竹内すゞ代

平賀たづ子

馬場 利明

冨田 悦子

桑山 撫子

藤井 文月

中村 克己

河瀬四四子

林  京子

やました悠

曽我部和美

谷川 利子

幾世八千代

中野まち子

杉山 和美

澤田 藤子

岩田つま子

荒川 達雄

村井 範子

竹内ユミ子

渡辺 民子

山中 博子

森田加代子

堀内 定子

佐藤 きぬ

杉江 ちゑ

諏訪 清子

久田 きな

井野 洋子

岩橋 美幸

大島 竜三

柴山 庄山

中村 洋子

若竹俳壇

 
 作品募集−−−−

 毎月10日までにハガキで下記発行所へ送って下さい。
 あかい新聞店 武豊店
 知多郡武豊町字金下37番地
 あかい新聞店 常滑店 
 常滑市市場町4丁目167番地

または、こちらの俳句投稿メールフォームから応募して下さい。