海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち

 歌手のムッシュかまやつさんは年齢不詳の人だと思っていたら、なんと63歳。還暦を過ぎてしまっていた。
 3年前、仲良しのユーミン(松任谷由美)が還暦祝いのパーティを開いてくれた。還暦を迎え、いささかの喪失感があったが、ユーミンに「六十歳過ぎたら何でもやっていいのよ」と言われ、またエネルギーが沸いてきたそうだ。
 いまも、若者達のライブに飛び入り参加することもある。常に、若者との間にあるフェンスを飛び越えたいと思っている。自分を限定してしまうとダメになるという思いもある。

 ジャンルは問わず
 かまやつさんは、ジャズ、カントリーウエスタン、グループサウンズ、フォーク、フュージョン・・・戦後日本のミュージックシーンのほとんどを体験してきた人と言われている。しかし何と言っても、ジャズは、体の中にしっかり浸透している。

 父のティーブ釜萢さんは、日本のジャズ界の草分け。日系2世として、1911年ロサンゼルスに生まれ、不景気で仕事がなくなり、日本に来て、ジャズ・ミュージシャンとして活動した。日本人女性と結婚して、1939年1月、かまやつさんが生まれた。

 かまやつさんは、戦後、FENから流れてくるジャズに夢中になった。トランペッターに憧れ、紙袋にトランペットを入れて歩いていた。
 父の開いたジャズ学校に、高校生の頃、ボーカルを習いに行った。しかし、仲間が次々デビューしていくのを見ているうちに、なかなか芽が出ない自分に嫌気がさして学校に行くのをやめた。
 その後、ほどなくしてカントリーウエスタンに出会う。人前で演奏するのに手っ取り早かった。とにかく一刻も早く人前で歌いたかった。歌うことで自分を刺激したかった。

 やがてビートルズの存在を知ることになる。「聞いたこともない音」に出会った。これまで出会ってきたアメリカの音楽とは異質だったが、自分たちなりにイマジネーションを膨らませることが出来る気もした。ビートルズのようなバンドで歌いたいと思った。
 そして、スパイダースのメンバーに加わる。グループサウンズの先駆け的な存在だった。ムッシュというニックネームがついたのももの頃だ。
 「夕陽は泣いている」のヒットで大ブレイクした。だが、いつか人気は下火になるものと、クールに受け止めていた。ビートルズ来日の1966年前後からグループサウンズブームが来るが、あっと言う間の下火となり、1970年、グループは解散した。

 かまやつさんの人生観
 解散前後に出した曲「どうにかなるさ」には、かまやつさんの当時の思いが込められている。解散した後どうなるのかと、漠然とした不安がよぎった。「正直に言うと、この曲には、周りの成功に対する言い訳もあったかも。負け惜しみもあるかな」
 そんな思いが去来した自分に対して、「大丈夫だよ。どうにかなるさ」というメッセージを送りたかった。この思いは、その後の人生にも受け継がれていく。
 かまやつさんのことを、「飄々として、どこか漂うような雰囲気がある」と評した人がいるが、この歌を聞きながら、かまやつさんが醸し出す雰囲気に浸っていると、片意地の張りが取れ、すっーと肩の力が抜けていく。

 フォーク全盛期には、おのずとフォークの人達との関わりが出来た。「フォークの若い世代は、自分の体験を自分の言葉で、自分の居場所を探して歌っている」ような気がした。
 中でも吉田拓郎さんとの出会いは、大きなものだった。飲みながら口説いてデュエット曲『シンシア』を作ってもらった。さらに、ソロの曲をと迫り、『我が良き友よ』が生まれた。これが90万枚を売る大ヒットとなった。

 ヒットが出たら、二匹目のドジョウを狙うのが当然なのに、そうしなかった。「ドジョウがいるようなところで泳いでいるのが好き」「脚光を浴びると腐るのも早い。賞味期限が短くなるだけ」と、あっさり当時の事務所も辞め、また一人に戻り、ギターかついで歩き回ることにした。
 その後も、好奇心を失わず、自分を枠にはめずに生きてきた。音楽のジャンルを問わない姿勢も一貫していた。「もともと好きで始めた音楽は、食事のようなもの。偏りなくいろんなものを食べて、栄養をつけてきた」
 絶対こうでなければいけないなんて、決め付けることはしない。風に吹かれながら、ふわふわ漂うように、生きてきた。
 風のある日、「どうにかなるさ」の歌声が、風に乗ってどこからともなく、聞こえてくるような気がする。
■村上信夫プロフィール
1953年、京都生まれ
明治学院大学卒業後、1977年 、NHK入局。富山・山口・名古屋・東京・大阪に勤務。
2001年6月より東京ラジオセンター勤務。「きょうも元気で!わくわくラジオ」(ラジオ第一8:35〜)担当。
これまで「おはよう日本」「ニュース7」「BS将棋中継」などを担当。
名古屋時代、「お母さんの勉強室」「育児カレンダー」を担当。以来、教育や育児に関する問題に関心を寄せている。
父親たちの社会活動グループ「おやじの腕まくり」を結成。
趣味は、将棋、ピアノ。
「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画とは
「日本画の一つ、俳味のある酒脱な略筆の淡彩もしくは墨絵で賛などしたものが多い」
(広辞苑)