海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち

 ふるさとは森の中
 人類学者の河合雅雄さんは、森の学校の卒業生だ。
 河合さんの少年時代を描いた映画『森の学校』が全国各地で上映されている。
 河合さんの著書に、『少年動物誌』というロングセラーがあるが、映画は、この本をもとに制作された。「照れ臭いなぁ」といいつつ、「自然に耽溺していた頃を思い出す」とまんざらでもなさそうだ。
 昭和10年頃の兵庫県の丹波篠山が舞台だ。体が弱く、学校を休みがちだった雅雄少年が、自然に恵まれ、両親や祖母の愛情に包まれながら、成長していく様子が描かれている。
 子どもの健全な成長には、豊かな自然に包まれ、大人の温かい眼差しの中で育つことが、いつの世でも大切だといいくメッセージが込められている。
 河合雅雄さんは、1924年(大将13年)兵庫県篠山町(篠山市)生まれの78歳。文化庁長官・心理学者の河合隼雄さんの兄になる。霊長類研究の第一人者として、日本モンキーセンターの設立にも関わった。ニホンザルの生態研究や、熱帯雨林のサルやヒヒの調査など、一貫して、サルからヒトへの進化の謎に迫ってきた。
 河合さんが少年時代を過ごした兵庫県の丹波地方は、その75%が森といわれている。山野を駆け回るガキ大将が、いっぱいいた。いつも群をなして遊ぶ子どもの歓声が響いていた。男ばかり6人兄弟の河合さんは、よくケンカもし、よく遊びもした。特にすぐ下の弟、ミトと呼ばれていた迪雄(みちお)さんとは、よく連れ立って森へ行った。雅雄さんはマトと呼ばれていたが、マトとミトは、実にいいコンビだった。
 河合さんは、小児結核を患い、発熱を繰り返した。学校も休みがちだった。勉強についていけない苛立ちを篠山の自然が癒してくれた。学校には行けなかったが、森の学校には通った。「私の成長をとことん支えてくれたのは、少年期の自然との深いつきあい」と河合さんは、述懐する。
 悪さもした。蛙のおしりに薬を突っ込んでおなかを膨らませた。バッタの足をむしり取った。見張り役の目を盗んで、スモモを失敬するスリルはたまらなかった。「このガキ!」と近所のおじさんに怒鳴られた。地域の人達が本気で叱ってくれる環境だった。
 劣等感を持たなかったのは、両親のお陰だ。体調が良くなると、「外に行って遊んでおいで」と家に閉じ込めないで好きなことさせてくれた。「勉強しろ!」と言われたことは一度もない。成績表を仏壇の奥に隠して「雅雄は、学校に行かなくてもいい成績だ」と、他の兄弟たちに説明してくれていた。
 父は、農家の次男坊で、独学で歯科医になった。ふだんはあまり叱らなかったが、2度同じ失敗をしでかすと、厳しく叱られた。乗馬が趣味で、動物好き。その後の歩みには、おそらく父の影響を受けたのだろう。
 母は、奈良の吉野の生まれ。テニスやヴァイオリンに興じるハイカラさんだった。兄弟6人がそれぞれ楽器をたしなむようになったのも母の影響が大きい。子どもの秘密をほじくり出さない。命の危険に関わること以外は寛容な人だった。
 

 ふるさとに戻った雅雄さん
 河合さんは、46年住み慣れた愛知県の犬山市を離れて、この8月ふるさと篠山に居を移した。久しぶりにふるさとの山野をじっくり眺めてみて、その変貌ぶりに驚いた。
 少年時代は、網と虫かごを持って森に入れば、面白いように昆虫を採集出来たが、その種類や数が激減していた。川が河川改修で、その姿を一変させていた。おのずと、川の生物も激減していた。

 兵庫県では、「丹波の森構想」を推進している。新たに森を作ろうというのではない。丹波2郡10町870平方キロを「丹波の森」と名付けたのだ。ウィーンの森をお手本に、森林文化を育んでいくのが目的だ。「丹波の森公苑」の苑長として、河合さんは、構想の具体化に取り組んでいる。新しい生活創造、森遊びの場所作り、文化資源としての活用・・・やることはいっぱいある。
 外国に比べると、日本人は、森に対する意識はまだまだ低い。ドイツでは、6割の人が、「休日には深い森に行きたい」と答える。日本人には、見晴らしのいい山、美しい湖のほとり、明るい牧場・・・と、歌謡曲に出てくるような景色ばかり好んで、森にあまり関心を払わない。生け花や盆栽など、自然から取り出して楽しんできた繊細な美意識を、いま一度、大自然の中に放ち、味わい直してほしいと、河合さんは考えている。
 楓だけでなく、漆や櫨(はぜ)の紅葉も美しい。蕨や木苺を摘んだり、アケビを取ったりするのは楽しい。畦や土手も川原も野草でいっぱいにして、川遊びも取り戻したい。
 「森がどれだけ楽しい場所かと理解してもらう仕掛けを考えていきたい。丹波の森は、そんな実験の場にしたい」

 河合さんの大好きな歌に『手のひらを太陽に』がある。「ミミズだってオケラだってアメンボだってみんな生きている。みんな友達なんだ」
 落葉をミミズや幼虫が食べる。その糞が、有機物を分解して肥料になる。それが、植物を育てる。ともに助け合って、生きていくためのシステムが、自然に出来上がっている。生態系や植物連鎖が、目の当たりに出来る。生き物が、みんな協力し合って生きていることがわかる。森の中を歩いていると、自分も「生き物の一つ」だと再認識する。
 自然は、子どもたちの生きた教科書だ。まだまだ身近に自然はある。「どこにでも森の学校はある!」と、河合さんは、子どもたちの本来持っている好奇心に期待をかけている。

■村上信夫プロフィール
1953年、京都生まれ
明治学院大学卒業後、1977年 、NHK入局。富山・山口・名古屋・東京・大阪に勤務。
2001年6月より東京ラジオセンター勤務。「きょうも元気で!わくわくラジオ」(ラジオ第一8:35〜)担当。
これまで「おはよう日本」「ニュース7」「BS将棋中継」などを担当。
名古屋時代、「お母さんの勉強室」「育児カレンダー」を担当。以来、教育や育児に関する問題に関心を寄せている。
父親たちの社会活動グループ「おやじの腕まくり」を結成。
趣味は、将棋、ピアノ。
「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画とは
「日本画の一つ、俳味のある酒脱な略筆の淡彩もしくは墨絵で賛などしたものが多い」
(広辞苑)