海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
元気のでてくることばたち 村上信夫NHKアナウンサー

 母の直感

 柳家花繚さんの人生は、顔で決まった。
 母の喜美子さんは、人間国宝(重要無形文化財保持者)の落語家・柳家小さんの娘で、なんとしても父親の跡継ぎを育てたかった。
 兄の十市さんは、「色白の鼻の高い貴公子のような面差しだったから」落語家に向かないと断念した。そして、母は、バレリーナになりたかったという夢を託した。
 兄より2年後に生まれた花緑さんは、すぐに落語家向さと判断された。「小さいころは、顔もまんまるで、おじいちゃんの小さんそっくりだつた。やることなすこと面白く、落語家にぴったり」という母の直感が、花緑さんの進路を決めたのだ。

 喜美子さんの思い描いた通り、二人の兄弟は、それぞれバレエ、落語の道に進んだ。進んだだけでなく、それぞれの世界で、その天分を発揮した。
 兄・小林十市(じゅういち) さんは、モーリスペジャールバレエ団のトップダンサーとして活躍。去年、第一線を退いた後も、モーリスペジャールさんの片腕として演出の手伝いをするかたわら、日本でも、俳優としてデビューをはかることになった。
 弟の花緑さんは、22歳にして史上最年少の真打ちとなり、以来、花のある落語家として人気はうなぎのぼり。落語だけでなく、ダンス、ピアノ、芝居に、多芸ぶりを発揮している。

 小さんの孫

 花緑さんの本名は、小林鳩(きゅう)。母が数字の九が好きだったので直感で決め、「九」を書いていたが、坂本九さんが、航空機事故で亡くなったあと、調べたら縁起が良くない名前だと、「鳩」に字を変えた。
 9歳のとき、落語家として初高座。落語のせりふを覚えるのも早く、周りからもほめられ、楽しくてしかたなかった。
 中学卒業と同時に、祖父小さんに、正式に弟子入りした。小さんは、師匠でもあり、祖父でもあり、父でもあった。師匠としては謹言、祖父としては甘言、父としては助言をしてくれた。
 前座名は、柳家九大郎。平成元年、18歳のとき、二つ目に昇進して、小緑と名乗った。その後も順風満帆、何人もの先輩を追い越して、史上最年少の真打ちとなり、名も花録と改めることになった。

 母は、修業時代の花緑さんに、ほかの弟子と同じように、掃除や買い物など家事雑用を言い付けた。だが、兄には、まったくさせなかった。
 とにかく、兄はかっこよかった。バレンタインのチョコレートの数も半端じゃなかった。何を着ても似合った。花繚さんはといえば、寝癖をつけたまま、学枚に行っていた。兄に対するコンプレックスは拭えなかった。
 そんな花緑さんに、母・喜美子さんは「あなたは絶対大丈夫だからね!必ず成功するからね!」と繰り返していた。何かというと「大丈夫!大丈夫!」と励ましてくれた。このことばは、花緑さんにとって魔法のようなもので、出来ないことも出来るような気にさせてくれた。プラス思考になれたのも母のおかげだと思っている。


 小林家の家訓は「万事素直」。とにかく母の読みは、よく当たる。いたいところをついてくるから、逆らえない。素直にならざるをえない。だから、二人の息子も素直に育った。
 しかし、二つ目になった頃から、花緑さんは、迷い道に入っていく。これまで素直ないい子だった花緑さんは、師匠や母親が言ったことは、すべて何の疑いも持たなかった。だが、「僕に期待をかける人は、エゴの固まりなんだ」と思うようになり、遅すぎた反抗期がやってきた。それまで平気だったのに、母から、アドバイスを受けたり、口出しされるのが嫌になった。柳家小さんの孫と言われることが疎ましくなった。「自分は人まねだけできた。自分らしさとは何か」自問自答の日々が続く。祖父の偉大さと自分を比較しては、自己嫌悪に陥り、出刃包丁を持ち出し、死のうと思ったこともある。
 そんな花緑さんの気持ちを知ってか知らずか、祖父は、真打ち昇進パーティの席上、大勢の前でこう言い放った。「よく七光りなどと言われますが、孫だから十四光りですわ!」
 この祖父の一言で、何をつまらないことで悩んでいたのかとふっ切れた。「小さんの孫でいることは、ありがたいことなんだ!」と思い直した。芸人は、何でも利用して前へ前へ行くべきなのだ。
 花緑さんは、高座を「座布団一枚の宇宙」と呼ぶ。一枚の座布団の上をいろんな噺が行き交う。人情噺もあれば、滑稽噺もある。熊さんもご隠居さんも花魁も登場する。座布団に座れば、狸にも狐にもなれる。その宇宙は、無限大に広がっている。
 落語会を若い人の来る場所にしたいと、あれこれアイデアを思い巡らせている。斬新な試みは話題を呼んでいる。だが、人気商売ゆえの不安がよぎることもある。そんなとき、「絶対、大丈夫!」という魔法のことばが後押しをしてくれる。

■村上信夫プロフィール
1953年、京都生まれ
明治学院大学卒業後、1977年 、NHK入局。富山・山口・名古屋・東京・大阪に勤務。
2001年6月より東京ラジオセンター勤務。「きょうも元気で!わくわくラジオ」(ラジオ第一8:35〜)担当。
これまで「おはよう日本」「ニュース7」「BS将棋中継」などを担当。
名古屋時代、「お母さんの勉強室」「育児カレンダー」を担当。以来、教育や育児に関する問題に関心を寄せている。
父親たちの社会活動グループ「おやじの腕まくり」を結成。
趣味は、将棋、ピアノ。
「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
おなじの腕まくり「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画とは
「日本画の一つ、俳味のある酒脱な略筆の淡彩もしくは墨絵で賛などしたものが多い」
(広辞苑)

イネ・セイミ

 堀江実のポエムコンサートをCDでお届けします。

  詩と朗読
  フルート
  ピアノ
  構 成

  Disk1
  Disk2
 堀江実
 イネ・セイミ
 はちまん正人
 佐藤よりこ

 光のように
 花のように

 言霊に癒されるCD堀江実のポエムガーデン
 やさしい風がふいています。
 木々の梢は光っています。
 あなたの心がやすらぎで満たされますように。
 あなたの心に喜びがあふれますように。

2003年10月22日発売予定 CD2枚組 3,150円(税込み)