海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
元気のでてくることばたち 村上信夫NHKアナウンサー

 新潟県長岡市の山古志と言えば、牛の角突きや錦鯉で知られている。その山古志が、2004年10月23日、新潟県中越地方を襲った中越大地震で、壊滅的な被害を受けた。その山古志の住民たちが地域を復興する歩みを追ったドキュメンタリー映画『1000年の山古志』が、震災5年の今年、完成した。映画のメガホンを取ったのが、映画監督の橋本信一さんだ。カンヌで2回も最高賞を取った名匠、今村昌平監督の愛弟子である。

山古志の絆
 橋本さんは、地震の2週間後、長岡市の避難所に見舞いに行った時のエピソードから語り始めた。避難所には衝立もなく、多くの人たちが着の身着のままで避難していた。これでは着替えも出来ないだろうと、「避難所に衝立を置いたら」と言うと、怒り出した人がいた。「そんなことをしたら皆の顔が見えなくなる。皆がいるから生きていられる」住民の絆の強さを改めて実感した。
 もともと、山古志と関わりが出来たのは、5年前、『掘るまいか』というドキュメンタリー映画の制作を通してだった。山古志には、中山隧道という手掘りのトンネルがある。住民が手掘りで貫通させたものでは日本一長い。戦前から戦後にかけて、のべ16年で貫通した全長877 メートルのトンネルだ。雪深い冬、山古志の小松倉地区は陸の孤島になる。病人が出たときなど、隣の広神村までの困難な峠越えが出来ず、多くの命が奪われた。隧道は住民の悲願だった。
 橋本さんは、実際に歩いてみてその迫力に圧倒された。最初は、観光気分だったが、岩肌に刻まれたつるはしの痕を目の当たりにして、言葉を失った。村人の情念が降ってくるような感じがした。隧道には不思議な力があった。
 「隧道は、砂漠に落ちた一本の針。砂漠で針を見つけるのは至難の技。でも針の穴からは砂漠を見渡せる。針の穴のような小さなトンネルを通して、人間の勇気や知恵を、精神風土を描いた」。
 映画の撮影で、何回も山古志に足を運ぶうち、すっかり人や風景に魅せられた。「山古志の人々はいい顔をしている。いるべきところにいるという自信と誇りがあるからなんだろうなぁ」。

本当の日本人がいる
 山古志が長岡市に合併する前に、山古志の風土をテーマに新たな映画を撮ろうとしていた。その矢先に、中越大地震が起きた。
 企画を練り直し、『1000年の山古志』というテーマで、地震直後から、カメラを回し始めた。
 大地震で、山古志の4割の住宅が全壊、水没した集落もあった。住民全員が避難勧告を受け、避難所暮らし、仮設住宅暮らしを強いられた。田んぼや鯉の養殖池の底が抜け、おびただしい被害が出た。闘牛や肉牛も、倒れた牛舎の下敷きとなった。まさしく仮死状態になった山古志で、住民たちは人生の岐路に立たされた。生き方の選択と復活への努力があった。
 映画では、人々が助け合いながら、元気と笑顔を取り戻していく様子が描かれている。
 家を失い水田も枯れてしまった上田照枝さんは、たった一人で山に分け入り、道なき道を歩いてホースを棚田に引っ張り上げ、生命線である水を引き込むことに成功する。
 亡くなった父の想いを受け継ごうと、石原正博さんは、地震後、会社勤めをやめ、錦鯉を育て始めた。試行錯誤の日々だが、山古志の伝統を守ろうという決意は固い。
 畜産を再開した関正史さん、克史さん親子。関親子は地震で多くの牛を失ったが、仮設の小屋で牛を育て、山古志に牛を連れ帰ることが出来た。

 映画作りの合言葉は、「Discover trueJapan!」本当の日本人を掘り起こす作業をしている。『1000年の山古志』は、地震からの復興も描く映画だ。「復興を実現した山古志の人の絆が受け継がれてきた村の時間を描いた」。
 「1000年」にその思いが込められている。1000年、命のリレーが、きちんと行われてきた。手掘りの隧道を完成させた根気とエネルギーが、復興にも役立った。
 地震から2週間後、子ども全員をヘリに乗せて、故郷の惨状を目の当たりにさせた。まるで、谷に子を突き落とす獅子のように、強く生きるため、先人から受け継いだ生活哲学を実践したのだ。
 山古志には、本当の日本人がいる。本当の日本人が残っている。
 山古志の人々の深く結ばれた絆を描いた映画は、日本で失われつつある「人間の絆」を見つめ直すきっかけを与えてくれている。
 今年で、中越大地震から丸5年になる。橋本さんは、地震の起きた午後5時56分から、全国各地で『1000年の山古志』の同時上映が出来ないものかと模索している。実現に向けて、大いに協力したい。

■村上信夫プロフィール
NHKチーフアナウンサー
1953年、京都生まれ。
明治学院大学卒業後、
1977年、NHKに入局。
富山、山口、名古屋、東京、大阪に勤務。
現在は、「今日も元気で!わくわくラジオ」(ラジオ第一8:35〜)、
「BS将棋中継」などを担当。
これまで、「おはよう日本」「ニュース7」「育児カレンダー」などを担当。
教育や育児に関する問題に関心を持ち続け、横浜市で父親たちの社会活動グループ
「おやじの腕まくり」を結成。
趣味は、将棋。
著書に「元気のでてくることばたち!」(近代文芸社)
「おやじの腕まくり」(JULA出版局)
「いのちの対話(共著)」(集英社)
「いのちとユーモア(共著)」(集英社)

「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
おなじの腕まくり「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)
「言えなかったありがとう」
好評発売中

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画教室開講中
 ところ:常滑屋
 と き:月1回 第2金曜日 午後1時〜
 会 費:1回 2,500円(4ヶ月分前納制)
 問合せ:0563−32−0583

イネ・セイミ

 堀江実のポエムコンサートをCDでお届けします。

  詩と朗読
  フルート
  ピアノ
  構 成

  Disk1
  Disk2
 堀江実
 イネ・セイミ
 はちまん正人
 佐藤よりこ

 光のように
 花のように

 言霊に癒されるCD堀江実のポエムガーデン
 やさしい風がふいています。
 木々の梢は光っています。
 あなたの心がやすらぎで満たされますように。
 あなたの心に喜びがあふれますように。

2003年10月22日発売 CD2枚組 3,150円(税込み)