海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
元気のでてくることばたち 村上信夫NHKアナウンサー

 喜劇役者の伊東四朗さんといえば、てんぷくトリオ、おしんのおとう、笑うセールスマン、ベンジャミン伊東、伊東家の食卓のおとうさん…、伊東さんの半世紀におよぶ芸歴を振り返ると、シリアスからコメディーまで、いろんな顔が思い浮かぶ。
 しかし、一貫して変わらないのが、喜劇役者としての舞台を大切にしていることだ。笑いの第一線を走り続けるのは、並大抵なことではない。そのために伊東さんは、相当の努力を積んでいるが、あひるの水かきの如く、それはおくびにも出さない。ただひたすらすごいと思う。

努力を見せない努力家
 朝起きると、その日の新聞を時間をかけて読む。「今」を知っておきたいからだ。仕事場でも、自分より若い人ばかりだが、孫ほどの年齢の若者からも吸収できることが多いと、若者たちとの会話も貴重な情報源にしている。「喜劇は、今の時代を反映するから、今に敏感でないといけない」。とにかく、何事もひたむきに、真面目に、「誠意」が座右の銘だ。
 小林信彦さんの著書『日本の喜劇人』の中で、「最後の喜劇人」と呼ばれている。「うれしいけど面映いね。小林さんは、『舞台人』と『テレビ人』の区切りみたいなものをつけたかったんじゃないかな」。
 戦後のストリップ劇場でやっていた『軽演劇』が消えてしまい、その後は喜劇人というより、テレビのコメディアンの時代になった。「そう言われれば確かに、舞台で喜劇をやっていたのは、自分や東八郎あたりで最後かな」。最後の喜劇人として、喜劇を守らねばならないという使命感がある。
 その東京の喜劇「軽演劇」を伝えるべく立ち上げられたのが『伊東四朗一座』。その座長になったが、「本当は座長なんて柄じゃない。三宅裕司さんに伊東さんしかいないと言われやむなく引き受けたんだよ」。三宅裕司さんは、『東京の喜劇人?として憧れる役者が伊東さん』と言い切る。
 三宅さん曰く、「伊東さんは、稽古に台本を持ってきたことがない」。本読みの日までに、台本を頭に入れてくる。台本を持たずに稽古する。「稽古の時、台本に目を落とさず、監督の目を見ていたいからね」。
 セリフには忠実だ。表現を駆使して笑いを作る。ちょっとした振り向きのタイミング変えるだけで、ずいぶん印象が違う。セリフはいじらず、タイミングやしぐさで変えていく。そこには、アドリブはない。喜劇こそ台本に忠実に、真面目に?演じるものだという信念がある。「台本は作者が命がけで書いている。行間を読むのが、役者の仕事。役者がオーバーにやるのは、台本がよくないから。よい台本は、普通にしていたら笑える」。

 「相手のセリフは忘れるようにしている。次のセリフがわかった顔をしていると観客がしらけるから」。「ものすごく稽古したものを、全然やってないように見せるのがプロ」。伊東さんのこの言葉に、こちらはあいづちを打つのが精一杯だ。
 ここからも伊東さん語録をまとめてみる。
 喜劇役者で大切なことは、「間のとり方」だ。すべて、観客の「心の間」を感じ取りながら演じている。観客がセリフを理解してから、次のセリフを言う。理解した瞬間、次へいく。自分だけの「間」を計算したら、うまくいかない。自分は消す。役者だけで作る間は、間と言わない。単なる思い入れ。笑いに、邪心が出たらだめになる。
 喜劇の舞台は観客と共に作り上げるもの。自分の思い込みは、間違っていたと、観客に教わる。いつも「ああすればよかった」と心残りで帰り、それが、楽日まで続く。寝ても覚めても舞台のことばかり。
 観客には、最寄り駅に着くまでに筋も何もかも忘れてしまい、単純に「おもしろかった!」と言ってもらうのが、一番の褒め言葉だ。感動も、涙も、啓蒙もいらない。ただおかしく、べたつかない笑いがあればいい。見終わったあと、何も残らない「純粋喜劇」を目指したい。
 毎朝楽屋に入ってくると、挨拶抜きで「あそこなんだけどさ?」と手直し発言で始まる。

伊東家の人々
 1937年、東京・台東区生まれ。父は、洋服の仕立て職人で、頑固で昔気質な人だった。気が向かないと働かず、生活は楽ではなかったが、三味線をつま弾いて小唄を歌うような「遊び人」だった。仕事を終えると着流しに着替え、歌舞伎をみに行った。だから伊東さん自身も幼い頃から芝居好きになった。4歳の時、父の膝の上で十五代目の市村羽左衛門を見た。新派や軽演劇や映画をいっぱい見て育ったのが、役者人生の根っこにある。この世界に入ろうと思って見なかったのがよかった。楽しんで見たものは心に残る。
 芸能人になろうと思ったのは、一時素人劇団を作り脚本を書いていた長兄の影響が大きい。兄はエノケン(榎本健一)やロッパ(古川緑波)が好きで、浅草によく連れていってくれた。次兄は学者肌、疎開しているとき、映画館へ連れていってくれた。姉はコーラス隊に入るほど音楽好き。母はなぜか常に鼻歌を歌っていた。伊東さんの鼻歌好きは、母親譲りかもしれない。伊東四朗を形作ったのは、ほかならぬ伊東家の人々だ。

 これまでもプロデューサーやディレクターが、未知の自分に出会わせてくれた。今度は、誰が、「私も知らない私」を見つけてくれるのだろうかと、次の仕事が楽しみでならない。そのためには、老け込まないトレーニングを欠かさない。腹筋、腕立てふせ、ダンベルといった身体作り。記憶力を鍛えるために、百人一首、大リーグの全球団名、アメリカの全州の名前、円周率を1000ケタまで覚えることを繰り返している。それもすべて楽しみながら…。73歳の今も、まだまだ、新しい役柄の依頼が来るよう、引き出しを増やさないといけないと考えている。

■村上信夫プロフィール
NHKチーフアナウンサー
1953年、京都生まれ。
明治学院大学卒業後、
1977年、NHKに入局。
富山、山口、名古屋、東京、大阪に勤務。
現在は、「今日も元気で!わくわくラジオ」(ラジオ第一8:35〜)、
「BS将棋中継」などを担当。
これまで、「おはよう日本」「ニュース7」「育児カレンダー」などを担当。
教育や育児に関する問題に関心を持ち続け、横浜市で父親たちの社会活動グループ
「おやじの腕まくり」を結成。
趣味は、将棋。
著書に「元気のでてくることばたち!」(近代文芸社)
「おやじの腕まくり」(JULA出版局)
「いのちの対話(共著)」(集英社)
「いのちとユーモア(共著)」(集英社)

「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
おなじの腕まくり「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)
「言えなかったありがとう」
好評発売中

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画教室開講中
 ところ:常滑屋
 と き:月1回 第2金曜日 午後1時〜
 会 費:1回 2,500円(4ヶ月分前納制)
 問合せ:0563−32−0583

イネ・セイミ

 堀江実のポエムコンサートをCDでお届けします。

  詩と朗読
  フルート
  ピアノ
  構 成

  Disk1
  Disk2
 堀江実
 イネ・セイミ
 はちまん正人
 佐藤よりこ

 光のように
 花のように

 言霊に癒されるCD堀江実のポエムガーデン
 やさしい風がふいています。
 木々の梢は光っています。
 あなたの心がやすらぎで満たされますように。
 あなたの心に喜びがあふれますように。

2003年10月22日発売 CD2枚組 3,150円(税込み)