海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
元気のでてくることばたち 村上信夫NHKアナウンサー

 元プロボクサーの坂本博之さんは、世界王座に4回チャレンジした。世界チャンピオンにはなれなかったが、打たれても打たれても前に出るファイターで、強烈なパンチ力から平成のKOキングと呼ばれた。多くの人の記憶に残るボクサーだ。リング上では、多くのノックアウトをした坂本さんだが、人生の上では、強烈なパンチを何度も浴びた。ノックアウト寸前から、その都度立ち上がってきた。

これでもかこれでもかの試練
 幼いころ児童養護施設にいた経験がある。
 1970年12月30日、福岡県生まれ。物心つく前に両親が離婚し、母と1歳下の弟と暮らしていた。母が東京へ働きに出たため、知人の家に預けられたが、そこで虐待を受けた。いたたまれず、小学2年で、児童養護施設に保護を受けた。そこで、人のぬくもりを感じた。強きが弱きを守る世界だった。
 その施設のテレビで、ボクシングを初めて見て、強い憧れをいだいた。「そちらの世界に行きたい!」と痛切に思った。
 その後、母に引き取られ、東京へ行った。高校を卒業して、アルバイトで生活費を稼ぎながら、ボクシングジムへ通った。パンチは強かったが、不摂生な生活でスタミナがなかった。
 1回目のプロテストは不合格だった。「それがかえってよかった。ボクシングにより真剣に向き合うきっかけになった」と振り返る。つきあっていた遊び友達とも決別、家を引っ越し、ジムも変えた。
 91年12月14日。プロデビュー戦は、初回KO勝ちしてからは、とんとん拍子の活躍を見せた。93年には、全日本新人王。
 そして、93年12月13日。12戦12勝(10KO)の戦績で、日本ライト級王座に挑戦し、見事、日本チャンピオンに輝いた。23歳の時だった。
 96年には、東洋太平洋ライト級のチャンピオンになった。硬軟自在の技巧でポイントを重ねる華麗なボクシングに背を向け、KOするか、されるか、打たれても前に出るファイトが信条。昭和のKOキング、藤猛になぞらえて、平成のKOキングと呼ばれた。
 そして、97年から2000年まで、4度世界王座に挑戦した。
 初めの2回は判定負け。3度目は初回に2度のダウンを奪ったが、目の上を切り惜しくもTKO負け。4回目は日本人同士、畑山(はたけやま)隆則選手とのタイトルマッチ。壮絶な打ち合いの末、はじめてのKO負けを喫した。これは、伝説の試合として、語り継がれている。1度で諦める選手が多い中で、4度のチャレンジは異例中の異例だ。

 リングで苦しい闘いを続けている最中、家庭で、アクシデントが続いた。
 2002年、最初に授かった長女は、死産。夢結(ゆい)と名付けた。
 悲劇はなおも続く。2004年、長男が、2万分の1の確率と言われる子宮破裂で、生まれてすぐ亡くなった。京之郎(きょうしろう)と名づけた。
 何も手がつかない。その後半年、一切ボクシンングを絶った。「神様がケンカを売ってくるなら、とことんケンカしてもいい」と思った。
 気を取り直すのに時間がかかったが「人は死んでも語り続ければ、心の中に生きている」と思い直し、亡くなった二人の子どもたちに手を合わせ、毎日声に出して語り続けることにした。
 子どものためにも、もう一度チャンピオンを目指そうと練習を再開した。2006年1月、椎間板ヘルニアの手術も受け、KOで勝利し、3年7ヶ月ぶりの勝利を得た。腰痛と闘いながらも現役を続行したが、ついに、2007年1月に引退した。
「大歓声の中、すべてやりきった勝利者としてリングを降りられた」と思った。リングを降りるとき、施設の子どもたち、応援してくれたファン、ジムのトレーナーやスタッフの愛が支えてくれていたことを痛感した。幼い頃入っていた児童養護施設の子どもたちから贈られた手作りのチャンピオンベルトは、宝物だ。
 リングを降りた翌年、娘の明沙音(あさの)さんを授かった。彼女は、希望だ。坂本さんは、運命を信じない。「絶望は、必ず希望に変わる」と信じている。

「光」で心を青空に
 いじめや虐待の撲滅を訴え、「こころの青空基金」を設立して、全国の児童養護施設を回って交流を続けている。全国には580近い施設があり、そこに3万人を超える子どもたちがいる。その6割が幼児虐待を受けている。少子化なのに施設も収容される子どもたちも増えている。いじめや虐待を根絶し、負の連鎖を断ち切るために、恵まれない環境から社会に出る若者たちの手助けをしたいと考えている。
 施設の子どもたちは感情を表現する方法を知らない。虐待を受けた子は人を信用しない。喜びや悲しみや怒りをぶつけてほしい。閉ざされた心の鍵をあけるきっかけになればと、子どもたちに、自分のミットを力いっぱい殴らせる。「熱を伝えれば必ず熱が帰ってくる」と言う信念がある。今までに40の施設を回ったが、全国すべての施設を回りたいと思っている。
 去年8月、施設からボクサーを目指す若者たちに道を開くため、東京・日暮里にボクシングジムを設立した。8月8日、末広がりの日を意識してオープンした。
 鹿児島から児童養護施設を出た2人の若者が坂本さんの指導を受けようと上京してきた。そのうち1人が、先月、プロデビューを果たした。

 人間には「光」と「影」の部分があるが、「光」を最大限、引き出したい。それは、大人の役割だ。どんなことがあってもあきらめてはいけない。たとえ、ノックアウトされても立ち上がれる力が人間にはある。自分の人生がそうであっただけに、この言葉に迫力がある。「明日から頑張ろうではダメなんだ。今、頑張らないと」。

■村上信夫プロフィール
NHKチーフアナウンサー
1953年、京都生まれ。
明治学院大学卒業後、
1977年、NHKに入局。
富山、山口、名古屋、東京、大阪に勤務。
現在は、「今日も元気で!わくわくラジオ」(ラジオ第一8:35〜)、
「BS将棋中継」などを担当。
これまで、「おはよう日本」「ニュース7」「育児カレンダー」などを担当。
教育や育児に関する問題に関心を持ち続け、横浜市で父親たちの社会活動グループ
「おやじの腕まくり」を結成。
趣味は、将棋。
著書に「元気のでてくることばたち!」(近代文芸社)
「おやじの腕まくり」(JULA出版局)
「いのちの対話(共著)」(集英社)
「いのちとユーモア(共著)」(集英社)

「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
おなじの腕まくり「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)
「言えなかったありがとう」
好評発売中

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画教室開講中
 ところ:常滑屋
 と き:月1回 第2金曜日 午後1時〜
 会 費:1回 2,500円(4ヶ月分前納制)
 問合せ:0563−32−0583

イネ・セイミ

 堀江実のポエムコンサートをCDでお届けします。

  詩と朗読
  フルート
  ピアノ
  構 成

  Disk1
  Disk2
 堀江実
 イネ・セイミ
 はちまん正人
 佐藤よりこ

 光のように
 花のように

 言霊に癒されるCD堀江実のポエムガーデン
 やさしい風がふいています。
 木々の梢は光っています。
 あなたの心がやすらぎで満たされますように。
 あなたの心に喜びがあふれますように。

2003年10月22日発売 CD2枚組 3,150円(税込み)