海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
元気のでてくることばたち 村上信夫NHKアナウンサー

 この人とは、出会ってすぐに、「やぎりん!」「のぶりん!」と呼び合っていた。まだ初対面から半年も経っていないのに、旧知の仲、竹馬の友のようだ。
 南米アンデス諸国の民族楽器ケーナの奏者、八木倫明さん。やぎみちあきさんと読むのがご本名なのだが、どうにもしっくりこないので、この稿でも、やぎりんと呼ばせていただく。
 やぎりんの人生は、『広い河の岸辺』という曲との出会いで大きく変わった。

 原曲は、350年あまり歌い継がれてきたスコットランド民謡「The Water Is Wide」。やぎりんが日本語の訳詞をつけて、歌手・クミコさんに歌ってほしいと直訴した。クミコさんの歌声で命を吹き込まれた『広い河の岸辺』は、すごい人気だ。時代を越え、異文化を越えて人々の心を揺さぶる歌だ。

やぎりんの岸辺探し
 やぎりんは、1958年、山形県生まれ。早稲田大学商学部在学中からヤマハ目黒吹奏楽団に在籍していたが、卒業後ケーナ奏者に転じた。22年間、日本フィルハーモニー交響楽団で、企画制作や広報宣伝を担当しながら、演奏も続けていた。
 2009 年7月、弾き語りアルパ奏者・池山由香さんと、デュオ・ケーナルパを結成し、音楽評論家・湯川れい子さんから「このケーナとアルパは運命的な出逢い」と賛辞を受けた。だが、地道な活動で、注目されることは、ほとんどなかった。
 オーケストラの仕事を辞め、52歳で音楽家専業の道を選んだものの五里霧中。当時9歳の息子もいたのに、妻から見ればあまりにも身勝手な選択で理解を得られなかった。悩んだ末、不向きな仕事で無理やりアルバイトをするよりも、経済的に低空飛行でも精神の高潔さを貫きたい。自分のいちばん得意なことで人と関わり、いつかは自立して、わが子が誇れる父となることを目標にして、家族とは別れた。

 やぎりんが『広い河の岸辺』の楽譜を初めて見たのは、2006年。シンプルだけど説得力を秘めた旋律。出来る限り原詞に忠実な訳詞でその魂を日本人に伝えたいと思った。
 2010年1月1日、一気に訳詞は完成した。不思議な高揚感があった。
 ふだん詩心のない自分に、詩人の魂が舞い降りてきたようにスラスラと5分で訳詞が完成したのは、やぎりんの置かれている状況にこの歌詞があまりにもぴったりだったからかもしれない。
 順風満帆で思い通りの人生を生きている人はいないはずだ。だからこそ、自分の心に近い人を無意識に求めるのだろう。誰もが広い河の岸辺に立って小舟を探し、小舟の同乗者を求める。この歌は、人生と真剣に向き合って生きる人、困難につきあたって悩む人の心に寄り添う歌になるという確信があった。

被災地での岸辺探し
 『広い河の岸辺』は、東北の被災地でも反響を呼んでいる。
 「沈み方も泳ぎ方も知らない」絶望的な状況で広い河の岸辺に立ち尽くし、小舟すらなくて、それでもかすかな望みがあるとしたら…そういう歌詞に共感してもらえるのかもしれない。
 やぎりんは、早くから被災地を訪問している。最初は、2011年5月30日と31日の2日間で、岩手県山田町、宮古市、大槌町、陸前高田市の合計10か所の避難所をまわって演奏した。
 『広い河の岸辺』は、このころ誰も知らない曲だった。この歌のイントロを吹きながら、やぎりんは、移動の途中、各地で目にした惨状を思い出していた。津波によって奪われた、暮らし、夢、そしていのち。避難所の方々はその当事者であり、大切な何かを失っている。渡りたくても橋がない広い河の岸辺に立ちすくんでいるような心境なのだろうと想像した。
 歌い出しの「河は広く 渡れない 飛んで行く 翼もない
 絶望感を表現したようなこのフレーズは、すべてを失った方々の心にそっと寄り添うことができる言葉なのではないか、そんな気がしていた。ほとんどのものを失った絶望感に、行く手も全く見えない不安感が重なって呆然としている人たちに、いきなり励ましの言葉はそぐわない。希望を見失いつつある人の心にそっと寄り添う言葉。初めて聴く歌でも、これならきっとここで受け入れてもらえるだろうと思った。
 メロディはシンプルで、歌詞のフレーズは俳句のように短いので、一度聴いただけで、ほとんどの人が一緒に唄ってくれた。最初は小さかった声も四番の歌詞になるころには、避難所いっぱいに響くような声の重なりになっていった。
 「もしも小舟が あるならば 漕ぎ出そう ふたりで」 四番の歌詞を大きな声で唄う避難所の方々に出会って、やぎりんは再認識した。「この歌には、ぼくの想像をはるかに超えた力がある」と。

岸辺が見えてきた…
 やぎりんには、家庭人として無責任な道を選んでしまったという自戒の念がある。このような生き方は人間失格だとわかっていても不器用にしか生きられないのも自分の現実だった。
 だが、一度失格の生き方をしても、その後の生き方次第で取り返しがつくこともあるのではないか。生涯「ダメ人間」の烙印を押されたまま生きるのではないと思いたい。妻子につらい思いをさせてしまった罪を償おうとする自分の想いを、より良い人生を創るエネルギーにしていかなくてはならない。家族一緒にまた暮らせることを目標にして生きている。
 やぎりんは、少し人生の泳ぎ方がわかり、広い河の岸辺が見えてきたような気がしている。

■村上信夫プロフィール
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00〜)、月刊『清流』連載対談〜ときめきトークなどで、新たな境地を開いている。大阪で『ことば磨き塾』主宰。
1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
これまで、『おはよう日本』『ニュース7 』『育児カレンダー』などを担当。著書に『嬉しいことばの種まき』『ことばのビタミン』(近代文藝社)『ラジオが好き!』(海竜社)など。趣味、将棋(二段)。

http://murakaminobuo.com


「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
おなじの腕まくり「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)
「言えなかったありがとう」
好評発売中

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画教室開講中
 ところ:常滑屋
 と き:月2回 第2、4金曜日 午後1時〜3時
 会 費:1回 2,250円(3ヶ月分前納制)
 問合せ:0569−35−0470

イネ・セイミ

 インディアンフルート教室開講しました。
誰でもすぐに吹けます
入会受付中!!

 講師 イネ・セイミ
《フルート奏者 指導歴30年》
1レッスン・1時間5,000円
(ティータイム付)

申込み・お問合せ
seimiine@oasis.ocn.ne.jp


 何か始めたいと思っている貴女へ。
数年後、素敵にフルートを奏でる姿が
そこにあります。
楽しく個人レッスン致します♪