海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
元気のでてくることばたち 村上信夫NHKアナウンサー

就職先は成駒屋
 歌舞伎界の名門、成駒屋に嫁いで25年目を迎えた三田寛子さん。
 去年、夫が八代目中村芝翫を、子どもたち3人もそれぞれ同時襲名した。ボクも襲名披露公演を拝見したが、三田さんが客席を回って頭を下げている様子を見て、梨園の妻は大変だと感心した。
 橋之助夫人から芝翫夫人へと呼ばれ方が変わった。「まだ芝翫夫人といわれるだけのレベルに達していないので、芝翫夫人と呼ばれると全身に緊張が走るんです。逆に、寛子ちゃんといわれるほうが、自然体でいられます(笑)。」

 芝翫さんと結婚して、成駒屋という会社に就職したような感覚だという。入社25年目ともなるとベテラン社員で、普通なら部長クラスになっているころかもしれない。
 「新入社員のときから広報や経理、社長秘書の仕事まで、やらなきゃいけないことが多過ぎて(笑)。」
 しかも今回は、歌舞伎界始まって以来の親子4人同時襲名だったので、休む暇もなかった。

三田さんの空気穴
 三田さんは、1966年、京都に生まれた。
 幼いころは、引っ込み思案で内弁慶だった。喘息もちで、身体も弱かった。
 だが、祖母のしつけは容赦なく厳しいものだった。声が小さいと言っては叱られ、お辞儀の仕方や扉の開け方も何度もやらされた。言い訳すれば、「それは口答え」とにべもなかった。父も厳しかった。「髪は伸ばすな」「ピンクの服は着るな」「人前で泣くな」と言われた。
 転機は中学生の時に来た。スキーと英語と宝塚の影響で、夢と元気が与えられる仕事に就きたいと思い、雑誌『セブンティーン』の読者モデルに応募し、人生が変わった。
 中学で初めて英語を習ったとき、イエス、ノーとはっきりストレートにいうのがとても新鮮で外国に行きたいと思った。それまでは厳格な祖母と両親にしつけられ、その世界がすべてだったが、自分の世界を自分で模索し始めた。

 中学の先生たちにも大きく影響を受けた。中一の担任は体育の先生で、スキーに連れて行ってもらってから運動の苦手意識がなくなった。中二の担任は数学の先生で、混乱したときの物事の考え方を数学的に整理していく方法を教わった。中三の担任は国語の先生で、進路の相談にのってくれた。『セブンティーン』の読者モデルに応募してスカウトされたとき、「自分の世界が開けるんだからがんばりなさい」と応援してくれた。
 中学の先生たちが、三田さんを目覚めさせてくれたとはいうものの、どの先生も梨園に嫁ぐと知ったときは「まさか」と思ったはずだ。
 中学の3人の担任は、いずれも女性。三田さんの周りには、あこがれて目標にしたい女性の先達が多かった。もちろん、自分の母も中村の義母もそうだ。
 芸能界に入ってからも数多くの先輩の女性に影響を受けた。やっかみをいわれたり、意地悪をされたりしたことは一度もないという。いつもかわいがってもらった。
 ぶしつけな言い方ながら、三田さんの身体にはいくつか空気穴があって、そこからストレスが抜けていっているような気がする。張り詰めたところがまったくない。

 その素直な性格はどうやって形作られたのか問うてみた。
 「それはやはり、両親の影響が大きいと思います。私が何か決断するときの基準としたのは、両親です。父に相談したらどう答えるだろう、母ならどういうかなと考えて決めていました。離れている親に心配をかけたくなかったので、実際には相談せず頭の中で考えただけですが…」。
 「愛情をもって一生懸命、家族で一丸となって生きる姿を見せてくれましたから、私がいろいろ大変なときにも、親の顔が出てくるんでしょうね」。
 「身内からは『まったくもう』といわれていますよ(笑)。梨園のみなさんは完璧な方ばかりで、私はどんなにがんばっても太刀打ちできないので、できなかったら『ごめんなさい』、助けていただいたら『ありがとう』、わからないときは『教えていただけますか』という姿勢でやってきました」。

素直だから、いまがある
 結婚して5年間子どもが授からなかった時や、流産でつらい思いをした時も乗り越えてきた。「母の苦労に比べたら、私なんかと思えて我慢できました。京都では長男が絶対という家のしきたりの中で、次男である父に嫁いだ母の苦労を見て育ちましたから。母は父との結婚を許されるまでに10年かかり、流産を2回経験した時も、周りから母に問題があるような言われ方をしたそうです。それでもいつも明るく優しくて、厳しかった祖母を最後まで介護したのも母でした」。
 いちばんの目標にしていた母も73歳で亡くなった。病気がわかったときは余命3か月。最後の時間をいっしょに過ごしながら、母がたどってきた人生を知った。母は自分が我慢しているつもりはなく、人に尽くすことが使命だと思っていた。三田さんもかくありたいと思っている。
 ボクと彼女との共通項は、互いに京都生まれということ。幼いころは、引っ込み思案で内弁慶というのもおんなじだ。両親や祖母の躾が厳しかったというのも似ている。なのに、彼女は素直。そのおかげでいまがあると思えている。いつまでたっても素直になれないボクと、そこが違う。
 「天然」という言われ方もするが、ボクは「素直」ということばが適当だと思った。学生時代も、芸能界に入ってからも、梨園に嫁してからも、縁に恵まれている。みんなが手を差し伸べてくれる。「素直」が功を奏している。
 三男が20歳になると、三田さんは55歳。そのとき、「三田寛子」としての活動も新展開を見せるかもしれない。それまでは、芝翫夫人と、3人の子の母と、三田寛子のバランスをうまくとりながら、素直をモットーに歩んでいくのだろう。

■村上信夫プロフィール
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00〜)、月刊『清流』連載対談〜ときめきトークなどで、新たな境地を開いている。大阪で『ことば磨き塾』主宰。
1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
これまで、『おはよう日本』『ニュース7 』『育児カレンダー』などを担当。著書に『嬉しいことばの種まき』『ことばのビタミン』(近代文藝社)『ラジオが好き!』(海竜社)など。趣味、将棋(二段)。

http://murakaminobuo.com


「元気のでてくる"ことばたち"」
(近代文芸社)
1,500円(税別)
おなじの腕まくり「おやじの腕まくり」
(JULA出版局)
1,400円(税別)
「言えなかったありがとう」
好評発売中

■イネ・セイミプロフィール
フルート奏者として活躍中。俳画家。
絵画を幼少より日展画家の(故)川村行雄氏に師事。俳画を華道彩生会家元(故)村松一平氏に師事。俳画の描法をもとに、少女、猫等を独自のやさしいタッチで描いている。個展多数。

* 俳画教室開講中
 ところ:常滑屋
 と き:月2回 第2、4金曜日 午後1時〜3時
 会 費:1回 2,250円(3ヶ月分前納制)
 問合せ:0569−35−0470

イネ・セイミ

 インディアンフルート教室開講しました。
誰でもすぐに吹けます
入会受付中!!

 講師 イネ・セイミ
《フルート奏者 指導歴30年》
1レッスン・1時間5,000円
(ティータイム付)

申込み・お問合せ
seimiine@oasis.ocn.ne.jp


 何か始めたいと思っている貴女へ。
数年後、素敵にフルートを奏でる姿が
そこにあります。
楽しく個人レッスン致します♪