海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
 4月は、人と人の出会いがあります。そんななか、新しい人の名前を覚え、新しい友達ができてくるのはうれしいものです。そして、身近に友達がいて、自分がいることの存在感を互いにもてることがこの4月です。
 さあ、早く友達の名前を覚えて遊びましょう。
はじめの一歩
遊び方
人数は20名前後
ジャンケンで鬼を決める。鬼は、大木や柱や壁の前に立つ。
他の子は、スタートの出発線から「はじめの一歩」と大きな声でいう。
鬼は十まで数えるが、1、2、3・・・10と数える代わりに「ダルマサンガコロンダ」とか「ボンsナンガヘヲコイタ」とか後ろを向いてとなえる。その間に子は、少しずつ前進する。
鬼はとなえ終わると、すぐに振り向く。そのとき、バランスをくずして動いている子がおれば、「○○ちゃん、△△ちゃん」と指名する。そのとき、子は足や首や手や体を動かしてはいけない。
動いて指名された子は鬼を手をつなぐ。地方によっては小指をつなぐ所もある。
を繰り返しながら、どんどん手をつないでいき、助けを待つ。
鬼に見つからずに少しずつ前進してきた子は、鬼が数えているスキをみて手と手の間を切る。切り離された子はいっせいに逃げる。
鬼は逃げられたときから、「十」数えるか、「ダルマ サンガ・・・」をとなえ、「ストップ」をかける。手をつないでいる子以外は、その場に止まる。鬼は十歩とび、その範囲内で鬼にタッチされた子同士でジャンケンして次の鬼を決める。
鬼の方へ動くとき、四つんばいになったり、いろいろな動作をして近寄るのも楽しい。