海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
 平成19年丁亥(ひのとい)の正月。
 明けましておめでとうございます。
 お正月がくると、男の子には凧(たこ)を、女の子には羽子板を買ってくれていた時代は遠くになりました。今では、クリスマスに買ってもらったテレビゲームで、お正月を遊ぶのでしょうね。「早く来い来いクリスマス」ってとこでしょうか。
 今年こそは、昔から伝わるお正月の遊びにチャレンジしてみましょう。

 凧あげ
 平安時代のころ、中国から伝わったということ、それが江戸時代になると、お正月の遊びとして広まったようです。昭和40年代から、ゲーラカイトという洋凧が出て和凧が次第に姿を消しました。

 凧あげ大会の紹介
 ○こうた凧揚げまつり
 1月6・7日 幸田町
 ○凧揚げ合戦
 5月3〜5日 浜松市
 ○田原凧まつり
 五月26・27日 田原町

 羽根つき
 室町時代、絵のなかにお正月の遊びとして描かれています。はじめは、子どもの病気をはらうお呪いとして始まったようです。羽根つきが盛んに遊ばれるようになったのは江戸時代からです。
 買ってもらった羽子板は簡単な作りだったのです。羽根つきの羽はムクロジの実に穴をあけて羽をさしたものでした。
 この羽根は病気を運ぶ蚊を食べるトンボに似ていることから、無病息災の意味につながったといわれています。「今年も子どもが蚊にさされて病気になりませんように」と、年の初めから羽子板で羽根を突いてお呪いをしたのだそうです。
 室町時代での羽根つき遊びには、「突き羽根」と「追い羽根」の二つあります。「突き羽根」は数を数えながら一人で突く遊びです。「追い羽根」は二つに分かれて男女混合で勝負を競い合ったようです。
 基本的には一対一でネットやコートといったものはなく、打ちそこなったら、墨でバツ印などを顔に書くといった罰が与えられます。