海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
 歌いながらふりつけ(仕種)をするのは、幼児にとってなみたいていのものではありません。あせらず、楽しく何回もすることによっておもしろさ(興味関心)がわいてくるものです。
 「ことば遊び」にしても、何回も繰り返しながら遊ぶことによって、言葉に興味をもち、言葉を多く習得していくのです。
 このように考えると、いろいろな遊びは子どもの知恵を育むおっぱい(ミルク)だと思います。

げんこつ山のたぬきさん
 向かい合って歌を歌いながら、ふりつけ(仕種)をして、最後のところ(またあし「た」)でジャンケンをします。ジャンケンに勝てば、向かい合った人をくすぐれます。

♪げんこつ山のたぬきさん
 (両手のこぶしを交互に重ねていく)

♪おっぱいのんで
 (重ねた上の手の親指を立て口もとにもっていく)

♪ねんねして
 (両手を合わせてほっぺにもっていく)

♪おんぶして
 (背の方に手を回して)

♪またあし「た」
 (かいぐりして、「た」でじゃんけんをする)

 二年生の担任をしていた時、この「げんこつ山のたぬきさん」をみんなで歌ったあと、「お母さんのおっぱいの味、どんな味だったのか、思い出してごらん」と言ったら、最初ニャッとしていましたが、そのうち「エッチ」「スケベ」と・・・。でも、忘れかけた味を一生懸命思い出しながら書いてくれました。「おっぱいの味」を下の段に紹介します。
・あったかくておかあさんのあじ
・あまくてねむたくなる味
・あんしんできるあじ
・あたたかくて牛乳よりちょっとあまいあじ
・牛乳よりこいあじ
・あまずっぱいあじ
・ヨーグルトのあじ
・スキンミルクみたいな味
・ミルクセーキのような味
・花のみつのようなあじ
・アイスクリームをとかしたようなあじ
・はっかみたいなあじ
・白くてたまごの白みのようなあじ
・小むぎこを水でとかしてかきまぜたようなあじ
・いろいろな食べものをとかしたあじ
・その日によってちがう味