海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
 卒業文集に載せるため、子どもたちには10月に入ってから「うちの家族」を書かせ、学級通信「すくらむ」('75・10・27付)からその作文を載せると同時に、保護者には「わが子」についての手記を募集しました。子どもたちの「うちの家族」の作文を載せていきます。

ぼくのお父さん
        T・M男
 ぼくのお父さんは「がんこ」である。それに声が大きい。野球を見ているとき「へぼ中(中日)、がんばれー」と大きな声をあげて応援をする。
 たくさんの子分がいると自慢する。そんな父がばかばかしくなることもある。
 仕事から帰って腹を出すと、ミゾオチの所に塩が固まっている。よくこんなになるまで仕事をするなあと思う。さすがは、ぼくのお父さんだ。

うちのお父さん
        K・M女
 私のお父さんは仕事の時はいつもきりっとして仕事熱心です。ときどき、口をきいても応えてくれないときがあります。
 家にいるときは、家族がパッとします。これも目がすばらしく大きいせいかな。ズボンからシャツを出して歩いていたこともあり、このことを教えると「たまにはあるがね」と言います。
 そのゆかいなお父さんの目が大きくあいて、すいこまれそうです。

ぼくのお父ちゃん
        M・Y男
 ぼくのお父ちゃんは、夕ご飯を食べてから時々しかいない。それは、月曜日は三味線に行き、水曜日には民謡に。日曜日も時々出ていくが、ひまだと、お父ちゃんの建てている家を見に連れていってくれる。
 でも、三味線や民謡が休みの時は、テレビの前でいびきをかいて寝ている。
 だけど、こんなお父ちゃんが大好きだ。

うちのお父さん
        K・A女
 うちのお父さんは、料理がとてもじょうずです。お母さんよりじょうずといっても間違いありません。
 お父さんは「母親が作るもんだ。(時には)男にもやらせて…」と、ぶつぶつ文句を言いながら作っています。
 カレーライス、てんぷら、おやこ、焼きそばなどいろいろ作ります。どれもこれも、みな、とってもおいしいです。