海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
ぼくの妹
          I・I男
 ぼくは、妹と毎日ぐらいけんかをする。原因は妹にある。だけど、いつもお母さんは妹ばかりにかたをもつ。それが気に入らなくてぼくは、すぐおこる。おこれてくると、「なんでおればかりおこられにゃ、あかんだ」とどなり、もんくを言ってやる。

お兄さん
          S・K男

 ぼくのお兄さんは、三人いる。やさしいお兄さんとやーらしいお兄さんがいるやーらしいお兄さんは、ぼくが何かをしていると、物をなげにきておもしろい。たまたまいやなことをしにきて、ぼくをおこらせる。やさしいお兄さんは、いっしょにいろんなことを教えてくれる。
 だけど、ぼくは、やーらしいお兄さんの方が好き。

私のお兄ちゃん
          M・K女

 私には、お兄ちゃんがいる。お兄ちゃんは、「足が長い、足が長い」と言っている。私はそうだと思わない。お兄ちゃんがおこるとこわい。
 でも私が外で遊んでいると、お兄ちゃんが遊んでくれる。自分が買ってきたものでも、わたしにくれる。いろんな所に連れて行ってってくれる。
 けんかをしたりするときは、一日おこっている。
 でもいいところもある。

うちのお兄ちゃん
          M・T女

 うちのお兄ちゃんは、とても太っていて、やらしいです。いつもクラブからもどってきて、ばんごはんにけちをつけてから食べます。それにおかしを一人じめにします。この前、おかしをかくしたら、「おかし、どこにやっただー」と言って後をつけてきます。お兄ちゃんとけんかしてたたかれるとすごくいたいです。

うちのねいちゃん
          K・M男

 うちのねいちゃんとけんかすると、すぐほうちょうをもってくる。よそのおねいちゃんと比べてみると、てんでたちが違う。だからぼくは手を出せないので、くやしい。女なら女らしくしてほしいものだ。うちのねいちゃんは、つきものが違うようだ。そんなねいちゃんを持つと命がいくつあっても足りないだろう。高校に入ってスケバンにもなるかもしれない。そんなねいちゃんを持ちたくない。