海外の旅この指とまれちょっとおじゃまします元気のでてくることばたち
 Y22の通信(1月18日付)で保護者の皆さんに親子文集を作りましょうと呼び掛けたところ、子育てへのアドバイス(九回シリーズ)、生い立ち、子の成長の喜び、詩(前述)など18点もの作品が寄せられました。
 その作品を通信に掲載し、通信と3年生の思い出を合わせたのが、次の3年3組親子文集です。

なかよしY31(3・14)

我が家の宝
             W・T男の母
我が家の宝
それは、元気な四人の子供
やんちゃでいたずらでおせっかい
いつもちびをからかう
 わんぱく大将
でも、ちょっぴり気のやさしい
 お兄ちゃん

しっかりもので、
 ちょっとおしゃまなお姉ちゃん
「お人形を買ってあげようか」
というと、
「お金がもったいないわ、その分
貯金したら」
なんて、少々夢がない。
そんなお姉ちゃんも
「パパのような人のお嫁さんにな
 るの。そしてハワイに行くの」
それが最大の夢だそうだ。

次はいつも仲よし双生児の
 みつ君とまさ君
性格はまるで反対
いじっぱりのくせ、泣き虫の
 小さい兄ちゃんのみつ君
「泣くなんて男のはじだぞ」
という、がまん強いちびのまさ君

  みんな、けんかが大好き
我が家は、ゴミ箱をひっくり返した
 ようなちらかりよう
でも、
 そんなことがまんしなくちゃ
じょうぶがなにより
みんな母さんの宝物だもの